男性型脱毛症!AGAについての解説|円形脱毛症体験記私の記録

円形脱毛症体験記|私の記録トップ>男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症(AGA)

脱毛症には2種類あり、成長期にもかかわらず髪が抜けてしまう成長期脱毛と、成長毛が休止期に入って脱毛する休止期脱毛があります。男性型脱毛症は休止期脱毛の代表例です。もうひとつの成長期に髪が抜けてしまう成長期脱毛の代表的なものは、円形脱毛症です。まさしく私が苦しめらてきた脱毛です。

男性型脱毛症はAGAと(Androgenetic Alopecia)呼ばれています。今は男性型脱毛症って言葉より、AGAの呼び名の方が知れ渡っているのではないでしょうか。

AGAは病院で治る病気として、CMなどで知られる事が多く、AGAの治療薬のフィナステリド(プロペシア)も開発されたので、多くの男性型脱毛症(AGA)で悩んでいる人にとって、とてもよい展開になってきています。

男性型脱毛症(AGA)発症率

男性型脱毛症AGAに悩む若者
男性型脱毛症(AGA)は成人男性の前頭部や頭頂部の毛が一定のパターンで薄くなるのが特徴です。早い人では、20歳頃から発生し、40代の男性では発症率が30%と報告されています。

男性型脱毛症(AGA)は遺伝

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンと遺伝が関与している事が解ったのは約70年前で、アメリカの学者J・B・ハミルトンが初めて生化学的に実証したのです。続いて髪と男性ホルモンのかかわりを学んでみようと思います。

関連ページ

AGAに関するリンク

AGAの無料カウンセリング

このページのトップへ

円形脱毛症関連ページ

円形脱毛症体験記私の記録